2013年09月16日

闇夜の幽霊列車

荒ぶる神の怒りのような嵐が吹き荒れる。
頃は、丑三。魅魍魎が跋扈する闇の刻。

終電も行き、今は人気もとだえた3番線ホームに2両編成の車両が止まっていた。
明日朝いちばんには、仕事や学校に向かう老若男女をのせて都会(まち)にむけて出発するはずだった。

時は丑三つ、夜は嵐。
其は、誰の怒りぞ。
奢れる人族、皆滅せよとの神の怒りか、悪魔の所業か?!

誰も乗らぬ、無人の列車は、ゴトリ・・・・、
ゴトリ。ゴトリ、ゴトリと動き出す。

無人の幽霊列車は、断末魔のような汽笛を残し、ゆっくりと闇に包まれていった。

完/これは事実をもとにしたフィクションです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130916-00000017-asahi-soci



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 19:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。