2013年09月16日

闇夜の幽霊列車

荒ぶる神の怒りのような嵐が吹き荒れる。
頃は、丑三。魅魍魎が跋扈する闇の刻。

終電も行き、今は人気もとだえた3番線ホームに2両編成の車両が止まっていた。
明日朝いちばんには、仕事や学校に向かう老若男女をのせて都会(まち)にむけて出発するはずだった。

時は丑三つ、夜は嵐。
其は、誰の怒りぞ。
奢れる人族、皆滅せよとの神の怒りか、悪魔の所業か?!

誰も乗らぬ、無人の列車は、ゴトリ・・・・、
ゴトリ。ゴトリ、ゴトリと動き出す。

無人の幽霊列車は、断末魔のような汽笛を残し、ゆっくりと闇に包まれていった。

完/これは事実をもとにしたフィクションです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130916-00000017-asahi-soci



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 19:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

大阪では「維新の会」がとっても強い?????

大阪では、地元発祥のせいか維新の会はとっても強い。
この前の参議院選挙でも、全国各地で維新の会は苦戦したのに、
大阪では断トツトップ。
昨日、ボク住む羽曳野市でも市議会選挙でも
維新の会候補が断トツなのでした。
注1) 地方選では大阪維新の会

ホンマに、大阪は維新の会の発祥地やからつおいのかぁ???

自民党は強硬安定路線。公明党も今年は「安定」がキーワード。
対して維新の会は、あきらかな変革政党。
ここらに、大阪人気の秘密があるのではないかな。

大阪の景気感というかゆとり感というか、とーっても悪いんじゃない??
なので、安定じゃあなくて、も少し変革しましょということなんじゃあなかろうか。

ぐらふ.jpg
大阪府CI指数/2013.1→6(6月は速報値)

上のグラフいわゆる大阪府のCI値。2005年を100として2013年の1月〜6月(6月は速報値)景気の動向を示すグラフなのです。これで見る限り、景気は持ち直しつつあるわけですが・・・・・・。
こういう指数と景気実感というのは、どーもギャップを感じるのだね。
アベノミクス効果が我が家にやってくるのは、いつ頃なんだろーなぁ?!
あっ!!
わたくし、別に維新の会ファンじゃないです。
ただ、苦しい時でも、「あはは、ワヤだんなぁ!」なんて笑い飛ばして頑張る大阪に、
ホントに元気になって欲しいだけなんだ。

我が家にも、アベノミクスくれ〜ぃ!!



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 00:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

ボクらは正義の使者だった。



腋のホルスターに百連発の銀玉鉄砲(ワルサータイプ)をぶら下げた
ボク達は、まぎれもなく正義の使者だった。

昼下がりの民家の軒下で、いちぢくを狙う不届きものもやっつけたし、
古い病院の納屋に住み着いて夜な夜な陰謀をたくらむ恐怖の背むし男も、池に叩き落としたし、真夏のビーチで女子更衣室を覗く愚か者には、バクチク2B弾をお見舞いしてやった。

まったく、正義の味方だった。

そん時の相棒は、市会議員として、今も倉吉の街を守っている。
ヤツは、今でも、正義の使者なのさ。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg

posted by mikihito at 18:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

ツルのおんがえしのツルとプランナーの相関関係についての考察

真夜中の夜なべ仕事。

たったひとりの部屋で、

コツコツ、コトコト、トントン。

パソコンを叩いておりますとな・・・・・。

どっかで,見たぞ、このシーン。

あ〜。高校の時の演劇祭だ。

この後、オイラは、まっしろな鶴に変身して、

朝焼けの空に羽ばたいていくんだぁ・・・。

そしてね、下から、おじさんが叫ぶんだ。

「つう〜よう〜〜〜。」


まったくね、自分の羽抜いて、トントンカラカラ、機織りしてる気分だね。
今夜は眠れるかなァ????????



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 17:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

いろいろ不足しているものがあるな。

つらつら考えるに、いろいろ不足しているものがある。
再編の機会か。

変えてみるか!

-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 17:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光陰矢のごとし、少年老いやすく、いつの間にかジジィになる。

近頃、1日が過ぎるのが早いのですよ。

何ほどのコトもせぬのに、1日が終わってしまう。

1日の色合いみたいなものが、なにかこう、淡いのですね。

鮮やかな色合いっちゅーもんが・・・・・。

少し疲れてますかね。

ベランダに出て、ひとつ、深呼吸をしてみる。

どっぷりと暮れた闇空に・・・・。

●■▲■○○×■●

パトカーのサイレンが・・・・・・。

ナンダヨ!

セッカク、センチメンタルな哲学的な気分に浸ろうと思ったのにぃ・・・。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 01:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

陽水の愛娘 依布サラサ初のエッセイ集、なんだか長い題の不思議な読物、「長い猫と不思議な家族」本日発売の件

井上陽水と石川セリの長女で歌手の依布サラサの初の描き下ろしエッセイ「長い猫と不思議な家族」、本日発売だそうな。



ついでに、かねてからお付き合いのあった一般男性との入籍
も発表したそうな。オメデト!!

陽水さんッテバ、よしだたくろう、泉谷しげるとならんで、フォーク世代のメッセンジャーだった。

18歳の頃かな?。当時東京に住んでたボクは、渋谷の名画座に仲間たちと映画を見に行った。みんな映画少年で、なにかしら、センセーショナルなモノを撮りたくて、8mm片手に街をウロウロしたりしてね。

そういう時代に、「ラストタンゴ・イン・パリ」って映画。

マーロンブランドとマリア・シュナイダー主演の映画で、当時大変に話題になった映画。
ナイトショーを見に行こうという話になったのだが、みんな、映画代ギリギリのお金しか持ってない。帰りの電車賃はないのである。どーしょう??とまよいつつ、「ままよ」と映画館に飛び込む・・・。映画は結構むつかしい映画でしたよ。ふたりのセックスシーンしか印象に残ってないけど・・・・。

一般映画初の「アナルセックスシーン」があるっていうのが話題になっててね。ソコ見ようと・・・無理をしたわけだ、ボク達は。

映画が終わって、深夜の渋谷の街。

いちばん近いのがボクのアパート。トワユエ、明大前だからね、結構距離はあったよね。
それを仲間たち4人で、テクテク、テクテク。
途中、壊れた乳母車を見つけてね、かわりばんこに乗り役と押し役決めて、
テクテク、テクテク。

帰途、「ここ井上陽水住んでるんだぜ」って、とある都営団地の前。
ホントかウソかは知らんが、取り敢えずあいさつして行こうと、
全員、声を揃えて「ヨーーースイーーー。バーーーカヤロウーーーー。」

パカって、窓が開いて

「うるせー!! ばかやろう!!」って怒鳴り返された。

アレハ、ヨースイさんの声ではなかったなぁ・・・・。

やっとの思いでアパートに帰り着いてみれば、何故だか、鍵があいている。
本日不参加の仲間のひとりが、女の子連れ込んで「○○○セックス」やってたって。

オチがついて、この話おしまい。
posted by mikihito at 13:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

藤圭子。シアワセでいて欲しかったなぁ。

先日、藤圭子さんが居なくなって、いろんな週刊誌がいろんなこと書いてる。
ボクの知ってる藤圭子は、宇多田ヒカルのママじゃなくて、ちょっと不幸の影をひきづった、稀に見る美少女だった。
スカジャンにジーパン。かかとを踏み潰したスニーカー履いて、噛み付くような目をした娘。幸も不幸も舐めちまったバーさんになって、渋いブルース語っててほしかったかな。

突然、幕を下ろしちまった。

夜咲く夢でも見ておくれ。

good nighit. また、あした。
posted by mikihito at 13:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

なんとしょー!?

アタマが始動せん。

視線が定まらん。

カラダが重い。

首にナマリが、背中に板が・・。

気力がわかん!!






こんな夜は、バーボンだろ・・・・。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 23:03| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

宮崎駿監督引退?!

ベネチア映画祭で、ジブリの宮崎駿監督が「風立ちぬ」を最後に引退を発表されたそうな。

「宮崎駿監督『風立ちぬ』を最後に引退…6日都内で会見へ」


大変な知力と感性と体力を消耗する作業。
72歳。
もう新しい「宮崎駿は見られないのかと思うと残念。
しかし、きっと素敵な第2の人生を発見されることでしょう。

その時、また、ボク達は「感動」してしまうのかもしれない。

-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg



posted by mikihito at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

べんとう忘れても、傘忘れるなぁ。

猛暑の夏も、そろそろ峠を越しそうかな・・という季節。
ソレデモ、ニッポンのあちこちで、ゲリラ的豪雨が降ったりして、
なんだか安定しない雲行きですね。

倉吉(KANの生まれたところ)には古くから「べんとう忘れても、傘忘れるな。」という言い伝えがあります。
山陰地方ですから、それだけ雨が多かったんでしょうな。
でも、子供のころから、あんまり大雨というのは経験がありません。

シトシト、シトシトと降り続く雨。

江戸時代から伝わる白壁と赤瓦の街。
時代に置き忘れられような、昭和風情の残る街。
森閑とたたずむ古い神社の杜。
雑木の森の鬱蒼とした打吹の景色。

どれもこれも、シトシトと濡れる風情は、また格別なものです。




-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 02:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

紺屋の白袴

ボクの仕事は、プロモーションの仕組みを作ること。
もっとわかりやすく言えば「どうすれば売れるか、売れる仕組み」を作ること。よその会社の「売れる仕組み」を作るのですね。

ところが、自分の会社、つまり、プロモーション屋のプロモーションは、
とても難しい。

たいていの場合、ご依頼の電話がかかってくるのを待つだけですね。
営業部とかないし・・・・。
職人気質のクリエイター集団ですからねぇ・・。

まさに紺屋の白袴。・・(-_-;)・・。

今はクリエイティブも、定番型商品にして、メニューで売る時代なのでしょうか。

「ロゴ製作します。ご提案無料!! お気に入りのロゴを21,000円でお買い上げください」

ちゃーなのを見つけました。
会社やお店のロゴが、21,000円で作れちまうわけですね。

テンプレートみたいなのから、リ・デザインしたのやら、思い付きで書きなぐったロゴでいーなら、
こーいうのもアリなんでしょーなぁ。

なにやら、抵抗を感じるのは、名刺の肩書に「シニア」なんてのがくっついた年寄りだけなんでしょうかね??





-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 13:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

KISS.KISS.KISS!!

umi2.jpgはじめてのキッスは、スコールに煙る海辺だったか?

鎮守の杜のお浄めのウラだったか?

それとも誰もいない閉店後の喫茶店の水槽のウラだったか?

KANにとっては、はじめてのエッチより、はじめてのKISSの方が大事なのだが・・・。


どーして、突然、こんなこと思い出しのかなぁ???????



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 18:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かれこれ20時間。

時がたつのは早いもので、3時間ほどの仮眠をはさんで、

かれこれ、20時間ほど仕事してますなぁ。。。

うん。

疲れたね・・・・・・。

ほんの少し修正して、予算表と評価表というのを作れば、

ひとまず完了。

あと3時間くらい????

疲れた時、夏バテ解消には「甘酒」。
昔の江戸っ子たちの夏の楽しみは、仕事を了えた後の「甘酒」だったそうな。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 00:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

深夜にコーラを飲みながら仕事するKAN。

はじめての決算やら、明日締切りの企画書やら、なにやらかにやら、ここのところ悪夢に追われ続けているのです。
なので、深夜にもかかわらず、誰もいなくなったリビングで、ひとりパソコンを叩いていております。明日締切りの企画書を抱えているわけですから、ブログを更新している暇なんかないのですな。

KANは忙しい。

現実逃避ですな。

どうしても明日が締め切りの現実を忘れたいわけです。

そうすると、また、悪夢に追われます。

(真っ白なパソコンのモニターに向かって、悪夢を見ているのはご同業にとって他人事ではあるまいて。)

もうちっと若い時だと、バーボンを飲りながら、原稿書いたもんですな。
軽めのジャズかなんかかけてね。
今はいけませんな。
バーボンなんか、飲んだ日にゃ、モノノ30分で寝てしまいます。
で、今夜はコーラなんか飲みながら、うら寂しくキーボードをポチポチと・・・。

オーイ、今、何刻だい?

もうすぐ日付が変わりまっせ。

シゴトシヨ・・・・・・・・。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堺雅人の魅力って「半沢直樹」だけじゃない。

堺雅人・・・・。
今、TBS系ドラマ「半沢直樹」で大注目ですな。
8月25日放送分では、瞬間最高視聴率33.6%とか。

なんというか独特の魅力のある人で、「喜怒哀楽を全て笑顔で表現する男」と評されたこともあるそうな。
ボクは、「新撰組」の山南敬助役あたりからスキな俳優のひとりになりました。

「半沢直樹」でけでは語れぬ堺雅人の魅力を堪能してくださいな。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 00:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

24時間テレビドラマの「大野君」がなかなか名演だった。

毎年、ほぼ同じ企画なのに、何故か毎年見て、毎年、今年こそは「誰かの役に立つことをしよう」と決意してしまう。「24時間テレビ」。
今年も、つい夜更かしをしてしまった。

ドラマ「今日の日はさようなら」
まさか、大野君に泣かされてしまうとは・・・・・・。
年をとると涙もろくなるのかなぁ。

二宮君にも泣かされたこと思い出したよ・・・・。

見てみてくださいな。



-------------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 20:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50番の女将

ボクが一番最初に見た電話にはダイヤルがついてなかった。
黒い電話で、右側にハンドルがついてた。
受話器を取って、ハンドルを回すと、電話の向こうでおねぃさんが、
「何番につなぎますかぁ?」
そこで、先方の電番号を伝えて繋いでもらうのだ。
市外にかける時は、ちとめんどうで、確か、いったん受話器を切って、
先方からかかってくるのを待ったんだと思う。

タイトルの50番というのは、その頃の家の電話番号。
市内で50番目について電話機だったのだ。
50番の女将というのは、家の祖母を指す。
鳥取県内では、ちょっと有名な女将だった。
明治何年か創業の古い町屋旅館を買い取ってのれんを引き継いだのだが、
お金持ちだったわけではない。
戦時中、韓国で連れ合いを亡くし、子供三人を抱えて引き揚げてきた。
着の身着のまま、当時倉吉に嫁いでいた母親(ボクの曾祖母)をたよって、見知らぬ街にたどり着いたのだ。それから、老舗旅館の仲居を務め、とうとう買い取ってしまったらしい。

ボクが子供のころ、旅館の主たるお客様は、当時倉吉市長だった小谷善高氏をはじめ、米子市長(野坂寛治氏だったか?)だとか、鳥取県議会議長だとか、県内の有名人が時々集った。なんたることか、小学校に入学前のボクも、お歴々の席に連なって、ずいぶん可愛がられた記憶がある。50番の女将という呼び名は、カレ等が、祖母をそう呼んだものらしい。
祖母は尋常小学校しか出ていない。しかし、勤勉だった。お歴々としゃれた会話も楽しんだし、碁を打ったりもした。どこで修業したのか、祖母の作る料理はれきとした会席料理だった(一説によると一時京都の老舗旅館で女将修業をしたときに見よう見まねでおぼえたとか・・・。この縁でボクの母もこの旅館で行儀見習いをしたことがあるらしい。)。
IMG_0107.JPG

いわゆる鰻の寝床の間口が狭く、奥に長い町屋旅館で、玄関から裏口まで通り土間がつづいていた。途中、寂びた坪庭があり、ちいさなつくばいがあった。
白い漆喰壁と黒い焼き杉の腰板のコントラストが美しい玄関口だった。

その老舗旅館も、今はない。

老舗「きしもと」の暖簾を、もう一度掛けるのは、ボクの夢のひとつでもある・・・。
------------------------------------
こちらのブログもよろしくです。
クリック1.jpg
posted by mikihito at 00:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

善行・・・・世(メ)のためになる善い行いをしてみる。

最近、ボクは早起きだ。

嫁が寝ている間に、昨夜のうちにセットしておいた

洗濯物を干しておいてやる。

早起きに、小さな善行。

気持ちいい。

デモ、コンナ ヒニ カギッテ、トツゼン、「大雨警報」ガデタリスル。

----------------------------------
CliCk右向き三角1「ワイアンドミキ」
posted by mikihito at 01:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

KAN、ナツの海に青春す!! の巻。

ボクの故郷の海は最近とても有名だ。
トリンドルなんとかって女の子が、携帯電話のCMで「トットリノハワイ」からトーキョーに留学してきたかららしー。
ボクが子供のころ、確かにあのあたりは羽合町という地名だった。
今は、美しく「湯梨浜町」・・・いで湯あり、梨あり、ビーチありナノダ。

海@.JPG

さてさて、奥手の硬派少年であったボクは,どーも、高校でハジケタ。
とわゆえ、三年間、同じ女の子とおつきあいしてましたのさ。

ピュアで、優しくもたくましいヒトでありました。
今・・・ドーシテルカナ?
(モシ、コレミテタラ、ゴレンラクヲ・・)

夏の日。
ボク達はハワイビーチに出かけましたのさ。
ボク達は水泳部で、ホントは、海で泳ぐのは禁止されてたんだけどね。
浮力が違うのでフォーム崩しちゃうからね。
ボクは、そんな期待選手ではなかったので、「夏は海」主義でした。

昔の青春映画によくあるシーン。
燦々と照る夏の陽を浴びてカノジョが海に走っていく。

ボクはそれを追いかける。

真っ青な海に、美しいフォームで泳いで行くカノジョ。

ボクはそれを追いかける。

少し左右にローリングする彼女のフオーム。
まるで、イルカのように自由に波を乗り越えていく。

ボクはそれを追いかける。

背泳の鳥取県記録保持者のカノジョは、クロールで泳いでも美しく早い。

ボクはそれを追いかける。
追いかけても、追いかけても、カノジョは逃げる。

マッタク、テカゲンッテモンヲシランノサ。

「おーーーい。待ってくれぇーーーーーい。」

あやうく溺れそーだったやん。

右向き三角1Click→「ワイアンドミキ」
posted by mikihito at 02:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。